食品リサイクル

食品ロスをなくし循環型社会を

アリタサービスでは、どうしても発生してしまった食品廃棄物を再生利用することで、その削減だけでなく、循環型社会の構築を実現します。

食品リサイクルの流れ(八女工場)

  1. 排出事業者様
    排出事業者様から製品ロスを収集
  2. 収集運搬
    自社物流トラックにて運搬
  3. 自社工場で飼料化
    自社工場で畜産向け飼料に加工処理
  4. 配合飼料製品化
    配合飼料サイズ分け
  5. 飼料メーカー様へ出荷
    飼料メーカー様へ出荷
  6. 畜産農家様
    飼料メーカー様で配合された後
    契約畜産農家様へ販売

排出事業者様からの食品残渣を当社が収集し、自社飼料化プラントにて破袋・乾燥・充填・粉砕をして、鶏や豚の配合飼料としてリサイクルします。

製品化したものを検品し、商社や飼料メーカー様へ出荷し、最終的には畜産農家様へ出荷されます。

----

飼料化処理工程 (1日あたり8.1tの処理能力)

  1. 破袋分別機
    破袋分別機
  2. 原料投入ホッパー
    原料投入ホッパー
  3. 間接加熱式乾燥機
    間接加熱式乾燥機
    【攪拌しながら90度以上60分間以上の効果を有する加熱処理】
  4. フライトコンベア
    フライトコンベアにて製品タンクへ搬送
  5. 冷却製品タンク
    製品タンクで冷却中
  6. 篩い機・粉砕機
    篩い機・粉砕機でサイズ分け
  7. 製品充填
    製品充填
  8. 保管・出荷
    保管・出荷

搬入原料を手選別、破袋分別機で処理した後に、原料をホッパーから乾燥機に投入し、エコフィードガイドラインを満たした加熱処理工程にて乾燥させます。

熱源としては蒸気式ボイラーを採用し、乾燥機内の蒸気を吸い上げる為、サイクロン集塵機を設置しています。薬液注入ポンプにて次亜塩素酸と苛性ソーダを投与し、スクラバー脱臭機にて対策も行っています。

  • 蒸気ボイラー
    蒸気ボイラー
  • サイクロン集塵機
    サイクロン集塵機
  • 薬液注入ポンプ
    薬液注入ポンプ
  • スクラバー脱臭機
    スクラバー脱臭機

乾燥完了後、フライトコンベアにて冷却製品タンクに運ばれます。

乾燥物を篩機により自動選別し、マグネットにて金属混入を防いで、4ミリ以下の乾燥物は充填され製品となり、4ミリ以上の乾燥物は粉砕機を通し製品化されます。

製品は適正保管場所に適正量保管し、出荷します。

----
----