廃プラスチックリサイクルシステム

地球環境に配慮したい・ゼロエミッション《埋め立て廃棄物ゼロ=リサイクル率100%》

アリタサービスでは、積極的にゼロエミッションに取り組み、廃プラスチック類のリサイクルシステムを構築しました。

ゼロエミッションを達成することで、排出業者様の「企業の社会的責任」・「地域社会への貢献」(CSR)の取り組みをお手伝いさせていただきます。

廃プラスチックリサイクルの流れ

  1. 排出事業者排出事業者
  2. 収集運搬(※計量器付車輌)収集運搬(※計量器付車輌)
  3. 廃棄プラスチックリサイクル工場(破砕・圧縮・梱包)廃棄プラスチックリサイクル工場(破砕・圧縮・梱包)
  4. 廃棄プラスチックリサイクル燃料廃棄プラスチックリサイクル燃料
  5. セメント工場セメント工場
  6. セメント工場(原料)燃焼
  7. 燃え殻(セメントの原料として利用)燃え殻(セメントの原料として利用)

排出されたプラスチックを当社が収集し、リサイクル工場にて、破砕・圧縮・梱包します。

それをセメント工場へ運び、セメントを製造する燃料として使用します。

残った燃え殻もセメントの原料として使用することで廃棄物ゼロとなります。

廃プラスチックリサイクルの工程

廃棄プラスチックリサイクル工場での作業は次の通りとなります。

  1. 原料ピット原料ピット排出事業者様から回収した廃プラスチックをピットに搬入し、金属片や異物を取り除きます。
    ピットは常に清掃を実施し、臭気対策も万全です。
  2. 破砕破砕異物などを取り除いた、廃プラスチックを破砕機に投入し、細かく破砕します。
    破砕機は、1日あたり4.9tの処理能力があります。
  3. 圧縮・梱包圧縮・梱包破砕した廃プラスチックを圧縮機に投入し、圧縮します。
    圧縮されたキューブを全面包装して廃プラスチックの飛散を防止します。
  4. 保管・出荷保管・出荷圧縮された廃プラスチックキューブを保管場所に適正量を保管します。
    保管されたキューブは、定期的にセメント工場へ燃料として搬入されます。
----
----